知って得する情報満載!!

高梨沙羅2期ぶり3度目の総合V!実家はセブンイレブン経営!

ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子は19日、

フィンランド・ラハティで個人第15戦(HS100m)を開催、

日本期待の“高梨沙羅”は1本目96.5m、2本目99.5mを飛んで合計251.3点で“今季12勝目”を上げた。

これで残り4戦を残し、圧倒的な強さで2季ぶり3度目の個人総合優勝を決めた。

sara takanashi 1

引用:読売新聞

高梨沙羅選手の実家がセブンイレブン経営ってホントッ!?

セブンイレブンのCMで話題のスキージャンプ“高梨沙羅”選手、

「私、高梨沙羅は、セブンイレブンで育ちました ・・・。」

「いいときも、悪いときも、いつも家族とセブンイレブンがいました・・・。」

この言葉の意味することとは・・・

セブンイレブン関係者に尋ねてみました。

まず高梨沙羅選手について簡単にご紹介させていただきます。

1996年10月8日生まれ、

出身の北海道上川郡上川町は、

日本中が歓喜にわいた“長野オリンピック”スキージャンプ男子団体で金メダル獲得に貢献した“原田雅彦”さんとは同郷です。

sara takanashi 4

“長野オリンピック”の開催期間は1998年2月7日~2月22日ですので、この頃高梨選手は2才・・・

流石に記憶にはないでしょうね(笑)

高梨沙羅公式WEBサイトによります身長152㎝、体重は公式ではないですが43㎏前後とのことです。

スキージャンプって身長が低い方が有利!?

今シーズンも自己記録更新のワールドカップ(W杯)10連勝を上げるなど絶好調で総合優勝を決めた高梨選手、

勝つ事よりむしろ準優勝(2位)や表彰台を逃す(4位以下)ことの方がビッグニュースになってしまうぐらい強い高梨選手、

表彰台の頂点に立つのが当たり前の高梨選手の回りには何時も身長の高い海外選手がいます。

sara takanashi 2sara takanashi 3

ひょっとして高梨選手の身長の低さはスキージャンプに有利なのでは・・・

答えは全く逆でした。

一般的にスキージャンプはルール上長いスキー板を履ける長身選手の方が有利と言われています。

国際スキー連盟(FIS)が定める現在のルールではスキー板の長さは身長の146%以内と決められています。

このルールは先で紹介した1998年の長野オリンピック後に改正されたルールでなのですが、

それまでは身長+80㎝での使用が許可されていました。

よって当時は小柄な選手が多い日本人選手を勝たせないのが目的のルール改正では!?

長野オリンピックで勝った日本を欧州が潰すのが目的!?

身長が高い外国人選手を例にすると例えば180㎝の選手は262㎝の板が使用出来るので、従来のルールから考えると身長+82㎝の長さになる。

一方、平均身長が低い日本人の場合、約170㎝の選手は248㎝までのの板しか使用出来ないので実質は身長+78cmの計算になってしまい、長年決められていたルールに照らし合わせてみると短くなってしまう。

では高梨選手は何故これほど強いのか!?

“長野オリンピック”スキージャンプ男子団体で金メダル獲得の“原田雅彦”さんはそのメンタル面を第一に高く評価した。

「さらに距離を伸ばしたい、優勝したいという思いに向かって、彼女が努力を積み重ねた結果でしょう。」

「競技に向き合う素直さ、それが彼女の強さだと思います。」

もちろん技術的な部分についても、「全く問題ない。上手ですよ」と手放しの賞賛だ。

「おそらく今の好調さなら、踏み切りは何も考えないでもタイミングが合う状態だと思います。」

「なるべくこの状況を続けてほしいですよね。」

全日本代表チームの“山田いずみ”コーチは、

sara takanashi 5

「彼女の場合は才能というよりも、努力の人だと思う」と話す。

自分が必要だと思えば、それを身につけるためにトコトン努力をすると。

元々バランスの良さは持っていたが、さらに高めるためのトレーニングも欠かさない。

また栄養士から食事の指導を受けるようになると、遠征時にはその日その日の食事の写真をメールで送り、アドバイスを求めていた。

高梨沙羅はなぜ世界一なのか!?

・人にはわからない欠点を修正する力

・並はずれた集中力

・才能よりも努力の天才

あの何時も可愛らしく、何処となくあどけなさの残る“高梨沙羅”のインタビューからは全く創造のできない彼女の努力の姿がそこにはありました。

sara takanashi 6

ソチで流したあの涙は平昌できっとゴールドに輝くことでしょう。

CMのバッグの店舗が高梨選手の実家”セブンイレブン上川層雲峡店”

高梨選手の実家がセブンイレブンを経営してるのはどうやら本当のようです。

あのCMのバッグの店舗が高梨選手の実家“セブンイレブン上川層雲峡店”で、

つまり撮影は実家のセブンイレブンの前で行われてたんですね。

セブンイレブンが単体でタレントやスポーツ選手と専属契約するのは恐らく今回が初めてではないかと思います。

そんな影には高梨選手の強さはもちろん実家との関係性もあったんですね。

セブンイレブンではこんな商品も発売されてました!

セブンイレブン限定の森永ウイダーinゼリー、

“圭スペシャル”“沙羅スペシャル”が発売されてます。

kei nishikori 3
森永ウイダーinゼリー 195円(税込210円)

錦織選手がオレンジ好きということで、

kei nishikori 7

本人の為に製造した、

オレンジ味のエネルギーinゼリー“錦織桂スペシャル”

ちなみに錦織選手は試合のブレイク中には必ずこのゼリーを口にしてます。

高梨選手はゆず好きということで、

kei nishikori 8

本人の為に特別に製造した、

ゆず味のマルチビタミンinゼリー“高梨沙羅スペシャル”

最後までお付き合いいただきありがとう御座いました。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


もうすぐ上位に!? ブログランキング参加中!

トレンドブログカレンダー

2016年2月
« 1月   3月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
29