知って得する情報満載!!

錦織圭 番組表発表!”全英オープン(ウインブルドン)”はNHKとWOWOWで放送決定!

錦織圭 グランドスラム初優勝に向けて”全英オープン”いよいよ開幕!

“錦織圭”選手が夢のグランドスラム初優勝に向けて、

いよいよ全英オープンテニス(ウインブルドン)が、2016年6月27日(月)~7月10(日)の日程で開幕します。

kei nishikori 11

テレビ放送では、昨年同様NHKとWOWOWでの方法予定が決定しました!

詳しい放送予定(番組表)は後ほどお伝えします。

前哨戦であるドイツの”ゲリー・ウェバー・オープン”を脇腹痛のため2回戦で棄権したことで、

コンディションを心配する声もありますが私は全く問題ないと考えてます。

錦織選手は昨年もフレンチオープン(全仏)のベストエイトで、

地元フランスの”ジョー-ウィルフリード・ツォンガ”に敗れたあと、

同じく”ゲリー・ウェバー・オープン”にエントリーし、

ベスト4で“アンドレアス・セッピ”との試合中に、

左ふくらはぎを痛めて第一セット4-1とリードされた時点で、

トレーナーを入れてメディカルタイムアウトを取りましたがやむなく棄権、

この時は棄権が功を奏し、“全英オープン(ウインブルドン)”には何とかエントリーしますが、

1回戦シモーネ・ボレッリとの対戦中、左ふくらはぎ痛が再発、

何とか1回戦は突破しますが、その後2回戦のコートに立つことなくに危険を余儀なくされました・・・

昨年も今シーズン同様”全仏(フレンチオープン)”まで大変好調だっただけに、

とても悔しそうな錦織選手の会見を今でも覚えております。

kei nishikori 13

昨年のこの苦い経験を考慮して今回は早めに棄権して全英オープンに向けて棄権したといってよいでしょう。

今年の全英オープンテニス(ウインブルドン)に、

錦織選手は肉体的にも精神的にもパーフェクトな状態で挑んでくると私は確信しております。

今年の錦織選手は本気で“4大大会(グランドスラム)やマスターズ1000”のタイトルを取りに行ってます。

昨年は2年連続での“ツアーファイナル(1月からの年間レースランキングを元に上位8人を選出)”に進出、

1勝2敗で予選敗退とはなりましたが(ジョコビッチ×、ベルディヒ○、フェデラー×)、

完全に今あるのポジション(世界トップ8以内)を自分の居場所ように感じたのではないでしょうか。

錦織選手の目標は4大大会(グランドスラム)制覇!!

昨年までの自信を胸に意気込んでいどんだ今シーズンも、

“全豪(オーストラリアオープン)”ベでベスト8、

アメリカ・メンフィスでは大会史上初の3連覇も達成、

kei nishikori 9

マイアミのマスターズ1000では決勝進出(ジョコビッチに全豪に引き続き今年2度目の敗戦)、

クレーのシーズンに入ってもバルセロナ(ATP500)で連覇こそ逃しましたが、

決勝であの調子を取り戻しつつある“ラファエル・ナダル”には敗れますが好調をキープ。

続くマドリード(マスターズ1000)でも好調をキープしながらベスト4(三度ジョコビッチに敗戦)、

翌週行われるローマ(マスターズ1000)でもジョコビッチをあと一歩まで追い込みますが今年4度目の敗戦・・・

現にこの翌日に行われた決勝で、ジョコビッチは“アンディ・マリー”に敗れますが、

錦織戦で完全に体力を失ってるように見えました。

しかし”ジョコビッチ”選手は本当に強すぎますよね・・・

kei nishikori 12

この結果を持って全仏(フレンチオープン)に向けて挑んでいくこととなりましたが、

結果はまだ記憶に新しいベスト16でまたしても地元フランスの“リシャール・ガスケ”に敗戦・・・

錦織選手の“グランドスラム初制覇”はまたしてもお預けとなってしまいました・・・

ちなみに優勝したのは“ノバク・ジョコビッチ”で彼はこの大会の優勝で、

男子シングルスでは史上8人目の“生涯グランドスラム(全豪、全仏、全英、全英制覇)”を達成しました。

さらに今年は年間グランドスラムの可能性も残っています。(全英、全米を優勝すれは年間グランドスラム)

ちなみにですがシーズンをまたぐなら“ジョコビッチ”は、

昨シーズンの全英、全米も勝ってますので、

今年に入って全豪、全仏を勝ったことでシーズン跨ぎの年間グランドスラムは既に達成してます・・・。

錦織選手の目標は4大大会(グランドスラム)制覇!、

さて話を現状に戻しましょう。

昨年はやはり疲れがたまるこの時期に左ふくらはぎを怪我して、

全米オープン”まで前半線に比べると思うような成績を残すことが出来ませんでした。

錦織選手自身今年のこの同じ時期に”ゲリー・ウェバー・オープン”で無理をするはずがないのです。

いよいよ6月27日(月)に開幕する“全英オープンテニス(ウインブルドン)”では、

錦織選手、肉体的にも精神的にもパーフェクトな状態で挑んでくると私は確信しております。
さて先ほど発表されたNHKの放送予定をお伝えします。

NHKでは、“6月28日(火)0:10~(4:20)”から1回戦の生放送予定で大会放送をスタートします。

錦織選手を中心にシード勢の試合で連日放送予定が組まれていくこととなります。

下記はNHKで発表されたの公式HPになりますのでチェックしてみて下さい。

NHK ウィンブルドン2016 | ホーム

WOWOWも、“6月27日(月)19:30~”から男女1回戦の放送予定で開幕します。

WOWOWは錦織選手を中心とした日本人選手の試合を中心に序盤は放送予定が組まれるでしょう。

決勝まで連日シード選手を中心に毎日何試合も注目カードが放送されます。

WOWOWでは衛星放送を視聴出来る環境があれば”初日6月27日(月)”は無料で視聴することが出来ます!

こちらも下記のWOWOW公式HPをチェックしてみて下さい。

「WOWOW TENNIS ONLINE」 | WOWOWオンライン

あとは6月24日(金)に発表される大会ドローに幸運を祈るだけです。

ノバク・ジョコビッチ、アンディ”・マレー、スタン・ワウリンカ、そして病み上がりで復活を狙うの芝の王者ロジャー・フェデラー・・・

この4選手と何処で当たるのか・・・

またこの4選手と当たるまで、何処まで体力・精神力をストックして臨むことが出来るか・・・

錦織選手、そして日本人選手初のグランドスラム制覇の鍵となっていくことでしょう。

初のグランドスラム決勝(全米オープン)まで行った、

あの時以上の錦織選手の笑顔が見てみたいですね!
2d00b7b9c9b7adff14cb690cb582cd03

錦織選手の活躍とドローの幸運を願って終わりとさせていただきます。

最後までお付き合いいただき本当にありがとう御座いました。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


もうすぐ上位に!? ブログランキング参加中!

トレンドブログカレンダー

2016年6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930