セブンイレブンの弁当値引き?消費期限の何時間前から?徹底解説します!

エシカルプロジェクト
スポンサーリンク
セブンイレブンの弁当が食品ロス対策で実質値引きするって本当なの?

2020年4月、セブンイレブン本部は、全国2万1000店舗において、エシカルプロジェクト(5%のnanacoポイント付与)を、2020年5/11(月)から一斉スタートすることを正式発表しました。

まずはセブンイレブンが2020年5月11(月)からスタートさせる"エシカルプロジェクト"の詳細を簡単に解説させていただきます。

エシカルプロジェクトとは、食品ロスの削減を目的に、"弁当、おにぎり、サンドイッチ、ロールパン、麺類、パスタ、グラタン、ドリア、お惣菜、デザート、菓子パン、総菜パン"に至るまで、全7カテゴリー合計約300アイテムを対象に、販売期限の9時間前~5時間前の商品をnanaco(ナナコ)カード(nanacoモバイル含む)でのお支払いで、5%のnanacoポイントが即時付与されます。

セブンイレブンではこのプロジェクトを"エシカルプロジェクト"と命名いたしました

結論から申し上げますと、値引きではなく、消費期限前の弁当を買うことで5%のnanacoポイントが通常ポイントとは別に付与されることとなります。

セブンイレブンの弁当値引き?消費期限の何時間前から?徹底解説します!

セブンイレブンは"販売期限"の近づいたお弁当に5%のnanacoポイントを付与することを発表しました。

セブンイレブンのお弁当は、消費期限の2時間前には売り場から下げられ廃棄となります。

消費期限の2時間前、これが"販売期限"となります。

セブンイレブンでは通常のお弁当で、この"販売期限"の5時間前から5%のnanacoポイントを付与します。

つまり、通常のお弁当は消費期限から遡ること"7時間前"から5%のnanacoポイントが付与されることとなります。

チルド弁当は、"販売期限"の9時間前から、5%のnanacoポイントを付与することを発表してます。

同様にチルド弁当の場合は、遡ること"11時間前"から5%のnanacoポイントが付与されることとなります。

セブンイレブンの"チルド弁当と普通のお弁当"一体何が違うの??
今回はよくある質問にお答えしたいと思います。本記事を最後までお読みいただくことで、セブンイレブンの"一般的なお弁当とチルド弁の違い"をご理解いただくことが可能となります。...

セブンイレブンの定める販売期限って?消費期限との違いは!?

実際に商品のラベルを見て確認しましょう。

まずは下の画像を見て下さい。

消費期限が19年5月30日午前3時までとなってます。

カロリー表記の横にあるN1は5月30日の午前1時まで販売可能の意味を示します。

"5月30日の午前1時"これが弁当の"販売期限"となります。

つまり5月30日の午前1時より少し前に、この商品は売り場から下げられ廃棄となります。

セブンイレブンでは、このように消費期限の2時間前には売り場から下げて廃棄するオペレーションが徹底されてます。

もし下げ忘れてしまっても、5月30日の午前1時を過ぎればセブンイレブンのレジでこの弁当のバーコードは通りません。

この海老チリチャーハンは、チルド弁当ですので、このお弁当に5%のnanacoポイントが付与される時間(タイミング)は、以下になります。

"5月29日 16時~5月30日 1時"までの9時間の間に、この海老チリチャーハンをnanaco(nanacoモバイル含む)で購入すると5%のnanacoポイントが付与されます。

ちなみに基本的には下記のようなエシカルプロジェクトのシールが対象商品には添付されてます。

だったら、そのシールの添付されたお弁当を買えばいいじゃないの?

いいえ、ご自身の目で必ず、今自分が手にしてるお弁当が本当に5%のnanacoポイントが付与される商品なのかを確かめて下さい!

先日私は、シールの添付されたお弁当を買いました。

レシートを貰って家に帰り、ふとレシートを見てみると、5%のnanacoポイントが付与されてません・・・。

5%のnanacoポイントが付与されてると、このようにレシートを見れば一目で確認できます。

※写真はホットドッグを購入した時のレシートです。

お弁当の鮮度をよ~く見てみると、な、なんと!

翌日が消費期限のお弁当でした!!

つまり、セブンイレブンの店員さんがどうやら間違ってシールを添付したようなのです!

若干ポイント目的でその弁当を選んだこともあったので、その時はかなりイラッとしましたが、それをわざわざ言いに行くもの面倒ですし、そもそもその店員さんを責めれば次回行きにくくなるし・・・。

結局あきらめました。

それ以来、私は必ず購入前に、エシカルプロジェクトの対象商品を購入するときは、自分の目でも確認するようにしてます。

よくよく考えれば、人間が作業するわけですから、同じお弁当でも鮮度が違う商品が、同じ売り場に並んでれば間違うことはありますよね?

余計なストレスにならないためにも、特に私のようにポイント大好きな方は、必ずこのエシカルプロジェクトの仕組みを頭に叩き込んでおくことをお勧めいたします。

ちなみに19時前後に立ち寄った近所のセブンイレブンだったのですが、店員さんは週2~3回程度働いてる、よく見かけるとっても可愛いらしい高校生の女の子でした。

何時も笑顔で一生懸命働いてる娘なので、その後も言えてません(笑)

でもお陰でこんなこともわかりました

エシカルプロジェクトのことをよく理解してからは、店員さんがどのタイミングでこのシールを対象の商品に添付するのかがわかるようになりました。

冒頭で説明した海老チリチャーハンの場合は、5月29日16時以降が対象時間となるわけですが、もちろんお店の混雑具合にもよると思いますが、16時~16時10分ぐらいに店員さんが、A4の対象商品のリストと思われる用紙を見ながら、対象商品にシールを添付します。

つまり、せこいようですが、対象商品が理解できたお陰で、この海老チリチャーハンが食べたい場合、16時前に前もってピックアップしておき、16時を過ぎたのを確認してから会計すれば、ライバルを差し置いて、食べたいお弁当でしっかり5%のnanacoポイントをGETすることが出来るのです。

セブンイレブンのレジは、エシカルプロジェクトのシールを見て5%のnanacoポイントを付与するのではなく、レジのスキャナーがバーコードを読むことで、エシカルプロジェクトの対象商品であることを認識しますので、シールが添付されてなくてもしっかりと5%のnanacoポイントは付与されます。

スポンサーリンク

"この記事のまとめ"

今まで頑として見切り販売に消極的だったセブンイレブンが方向転換をして見切り販売の検討を始めた理由は食品廃棄ロス問題、つまり廃棄を減らす対策の検討という事です。

セブンイレブンでは、各時間帯に納品されるお弁当などは同じ棚に同時に陳列されてますので、客によっては消費期限を見て同じ弁当なら、基本後ろに並んでる少しでも新しいお弁当を選ぶ傾向があるので、この点もnanacoポイントを付与することで前から、つまり古い順から売れていってくれることになり廃棄を減らす効果になるのではないでしょうか。

日本は"輸入大国及び廃棄大国"と言われてます。

日本の食品の半分以上は、世界から輸入したものです。

私たちは年間5500万トンの食糧を輸入しながら、1800万トンも捨てています。

食糧の廃棄率は、世界一の消費大国アメリカを上回り・・・、

世界の食料援助総量470万トン(WFP)をもはるかに上回り・・・、

これは3000万人分(途上国の5000万人分)の年間食料に匹敵しています。
※農林水産省"食料需給表"、厚生省"国民栄養調査"を元に算出

日本の食品廃棄の実に半分以上にあたる、1000万トンが家庭から捨てられています。

この家庭からでる残飯の総額は、

日本全体で年間11兆円(旧科学技術庁"資源調査会第123回報告"より)

これは日本の農水産業の生産額とほぼ同額です。

さらにその処理費用で、2兆円が使われています。

日本はほど大量に食糧を輸入しながら、廃棄を続けている国はないのです。

食品廃棄を減らす意味でもとても良い政策ではないでしょうか。

最後までお読みいただきありがとう御座いました!