コンビニ経営で独立するならどこ?私ならセブンイレブン一択です!!

セブンイレブン
スポンサーリンク
“コンビニ経営で、独立するならどこがいいのかなー…”

コンビニのオーナーのイメージと言えば、「辛い」「儲からない」「休みが無い」…

あまりよくないイメージが定着してますよね…

それもある意味、間違いではないですが、コンビニオーナーにもたくさんメリットはありますよ!♪

そして今後はどんどん楽になるかも(^^♪

本記事では、セブンイレブンのオーナーになるメリットに特化して、解説させていただきます。

コンビニオーナーのデメリットは、既にたくさんの方が書いてますからね(笑)

コンビニのオーナーを目指すなら、私はセブンイレブン一択だと思ってます。

デメリットばかりが注目されがちなコンビニオーナーですが、私の記事が、コンビニオーナーを目指す方にとって、少しでもお役に立てば幸いです。

合わせて私が何故、コンビニを経営するならセブンイレブン一択なのかもお話ししますね。

本記事はこんな方におすすめです。

・サラリーマンを辞めて、気持ちの面でも安心して、心機一転、独立したい。

・今の年齢での再就職には不安がある…。

・大手コンビニ経営のメリット。

・コンビニオーナーの目指すなら、何故セブンイレブン一択なのか?

・コンビニ経営の未来とは…

コンビニ経営で独立するならどこ?私ならセブンイレブン一択です!!

独立を考える多くの方は恐らく、何かしらの理由で今務めてる会社、もしくは今の事業を辞めたいと考えてるからではないでしょうか?…

そして残りの人生、何をするか?

今から新しい会社を探して、年下に使われるのもちょっとキツイな…

自ら新しい事業を始めるにもリスクが…

コンビニオーナー、所謂フランチャイズチェーンに加盟して、独立を考えるということは、そんな理由から、検討される方が多いのではないでしょうか?

そんな方にも、私は胸を張ってコンビニのオーナーになることをお勧めします。

そしてコンビニをやるなら、私はセブンイレブンのオーナーになることを、合わせてお勧めします。

東日本大震災、昨今の記録的な大雨や台風、そして現在のコロナ禍においても、『近くて便利』がキャッチフレーズのセブンイレブンは、たくさんの生活困難者にとって、まさに『なくてはならない存在』になってきました。

そして、売り上げも順調に伸ばし続けてます。

もちろん、噂どおり経営は大変です。

決して楽ではありません。

ただ、気持ちの面では安心して、家族のため自分のために、そして残りの人生かけて、仕事に取り組むことはできる仕事です。

私のように、特にこれといった特化した技術や特技もない人間が、やみくもに自分でお店を構えて小売店を営むよりも、セブンイレブンを経営することは、はるかにリスクは少なくすみます。

身体が元気であれば、15年を一つの人生の目処に、セブンイレブンのオーナーになることは、大きな不安もなく、安心して仕事に取り組むことができるでしょう。

以下では、私が考えるコンビニ経営のメリットと、何故ローソンやファミリーマートではなく、セブンイレブン一択なのか、一つずつ丁寧に解説させていただきます。

スポンサーリンク

“1.圧倒的なシェアを誇るセブンイレブン”

コンビニ経営を考えたとき、まず初めに決めなければならないのが、どこのチェーンに加盟するかですよね。

まず、あなたはあと何年ぐらい仕事を続けようと考えてますか?

もしくは、仕事をあと何年は続けなければなりませんか?

フランチャイズに加盟する場合、まず契約年数を考えなくてはなりません。

以下が大手コンビニの契約年数です。

コンビニ上位4社セブンイレブンローソンファミリーマートミニストップ
契約年数15年5年または10年10年7年

住宅ローンの残債やお子様の進学など、最低でもあと何年は頑張らなくてはならないのか?

ここから逆算して、まずは加盟するチェーンを決めなければないりません。

セブンイレブンでの独立を考えるなら、まず15年間できるのか?

でも15年元気に仕事が続けられるかな…

あくまでも15年契約が加盟する条件ではありますが、病気などのやむを得ない理由で継続が難しくなった場合は、本部は容赦してくれるずです。

途中契約解除で、違約金を取らてたというケースは実際聞いたこともありませんし、あったとしても、恐らく何かしらの不正を犯したり、オーナー個人の身勝手であったりなど、本部側とトラブルを起こしたケースのみだと思います。

真面目に一生懸命取り組んでさえいれば、セブンイレブン本部は、間違いなくそのような強硬な姿勢にでることはないでしょう。

スポンサーリンク

“2.好立地に出店できる強み!”

コンビニを経営するうえで、何より大事になのは立地です。

これが全てと言っても大袈裟ではありません。

極端な例にはなってしまいますが、立地の厳しい場所で、有能なオーナー(経営者)と優秀なスタッフを集めても、コンビニでは継続的に安定した売り上げを上げることは難しいでしょう。

逆に立地さえよければ、あまり有能ではないオーナーと、最低限の仕事しかしないスタッフを集めても、セブンイレブンなら、安定した売り上げ、当然利益も上げることができるのです。

つまりセブンイレブンの看板さえあれば、立地さえ間違えなければ、安定して売り上げや利益を上げることが可能となるのです。

“セブンイレブンのオーナーになる手順…”

セブンイレブンのオーナーになるのは、一般的には以下の手順で進めることとなります。

1.セブンイレブンが開催する説明会に主席する。
※現在はオンライン面談も可

2.セブンイレブンのリクルート担当と面談をする。

この時、オーナー夫妻(同一世帯なら、親子や兄弟も可)の経済状況などもお話します。

家族構成や預貯金、住宅ローンの残債など、借金なども包み隠さずお話する必要があります。

あくまでも自営業ですので、オープン当初こそ、利益補償(オープン~3ヵ月間は純利益で50万円が保証)がありますが、そのあとは、もちろん売り上げがあがらなければ、利益はでません。

よって、面談の際には、最低でも数ヶ月程度の貯蓄があるかも確認対象です。

3.セブンイレブン本部による審査を経て、問題がなければ、いよいよ物件の紹介となります。

1.最も重要な物件選び…

前項でも述べましたが、物件選びは、コンビニ経営において最重要事項です。

これはタイミングもありますので、正直運にも大きく作用されますが、妥協だけは絶対禁物です。

セブンイレブンには、新しいお店をオープンさせるため、リクルートという部署が存在し、全国津々浦々、好条件の立地を探し求めてます。

当然、様々なアプローチからオファーを続けてるため、セブンイレブン本部には常時、数多くの物件のオファーが舞い込みます。

この部分においてもセブンイレブンは、他社チェーンを大きく引き離します。

例えば、あなたが個人でガソリンスタンドの経営してたとしましょう。

ハイブリット車や電気自動車の普及で、もうお店を閉めて、そのスペースを賃貸で貸しだそうかと…

場所もよく、店舗も駐車スペースも十分に確保できるスペースに、あなたならどんな業態(企業)にオファーしますか?

賃貸で場所を提供するわけですから、当然条件は、

1.今ある姿のまま貸したい(解体すれば莫大な費用がかかるし…)…

2.マンションの1室のように、出たり入ったりがないように、安定して長期的な家賃収入を得たい…

3.出来れば、安定した大きな会社に貸したい…

こんな風に考えませんか?

例え、一流の腕を持つ料理人だとしても、信用のない個人に大事な土地を貸しますか?

今は金回りは良さそうですが、5年・10年先が見えない事業者に貸しますか?

仮に全て同じ条件でオファーが来たなら、あなたならどこに貸しますか?

セブンイレブンは、店舗を経営するのはあくまでも独立したオーナーですが、土地の賃貸契約や建物の建設などは全てセブンイレブン本部が管理します。
※オーナーがご自身で持つ土地を店舗として利用する場合は別となります。

セブンイレブンが、コンビニ業界だけではなく、他業態のライバルチェーンと比べても、常に好立地が多いのはそういった理由からなのだと思います。

そうやって、常にライバルチェーンをリードしながら、好立地で店舗数を増やしてきたのです。
※2021年4月末現在、日本国内のセブンイレブンは約21,162店を誇ります。

以前、ミニストップの開発担当(セブンイレブンのリクルート担当)に話を聞いたことがあります。

「いい場所は全てセブンイレブンさんに持って行かれて、我々はその隙間を狙って探すしかないんですよね…」

こんな風に嘆いてました。

現役のミニストップのオーナーさんにも話を聞かせてもらいましたが、仮に運よく良い場所で出店できたとしても、周りにそれらしき物件(スペース)を見つけては、常にセブンイレブン出店の恐怖と戦いながら商売をしなくてはならない…

「セブンが近くにできたら終わりですから…」

これは大手ライバル2社のオーナーに伺っても、やはり同じ回答でした。

逆に、同じ商圏で、近くにファミリーマートがオープンした時、正直どうなるかと思いましたが、さほど影響はありませんでした。

そのファミリーマートよりもさらに少し離れたところに新しいセブンイレブンがオープンしたとき、その時は逆にそれなりに離れてるから問題ないだろうと考えたのですが、見事に影響を受けました…

そして、その数年後、間のファミリーマートは、オープンからわずか数年の営業で閉店しました…

当然ですが、出店される場所や条件によっては、大きく影響を受けることもあるとは思いますが、それでもセブンイレブン以外のコンビニを経営した場合は、常にセブンイレブン出店の恐怖を抱えながら、経営を続けることになることは間違いありません。

私がコンビニ経営を目指すなら、セブンイレブン一択だと思う理由は、ロイヤリティは他チェーンよりも少々高いかもしれませんが、基本どこのコンビニを選んでも、やることは一緒です。

だったら、ローソンやファミリーマートなどを恐れることなく、戦うことの出来るセブンイレブンを選ぶのがベストだと考えます。

ロイヤリティが安くても、客が来ない、つまり利益がでなければ全く意味がないですからね…

ちなみに今回お話を伺ったミニストップのオーナーさんは、7年の契約期間を終えて、契約延長はせずにミニストップの経営や辞められたのですが、再度コンビニ経営にチャレンジするなら、間違いなくセブンイレブンだと仰ってました。

スポンサーリンク

2.最も重要な物件選び…

話を戻します。

物件を探すことは運もあることを前項で申し上げましたが、これは家を買うときと似てるように感じました。

例えば、今が低金利で、最高に安くて良い物件があったとしても、頭金や家族の状況など、様々な条件が整わなければ家は買えませんよね。

逆に、目標としてた頭金に目処がつき、奥様や子供たちの成長のタイミングなど、家を買う全てのタイミングが整った時、例え良い物件がなくても、今ある条件の中で、家の購入を決めてしまう方も多いのではないでしょうか?

面談や資金、健康診断などが全て済み、いよいよ物件を紹介するタイミングになったとき、当然ですがまずはそのタイミングである物件が紹介されます。

タイミングなので一概には申し上げられませんが、大体2ヵ所から多くても5ヵ所程度だと思います。

少し驚いたのが、物件紹介は現在はまだ営業中のガソリンスタンドなどを紹介される場合もあります。

「このガソリンスタンドは、〇月いっぱいで閉店して、その後〇ヵ月で工事して、〇月にオープン予定です。」的な感じで紹介されます。

現在コンビニの出店は飽和状態です。

家もそうですが、鉄板で儲かる物件を何件か紹介してもらい、その中からより良さそうな立地の物件を選ぶ…

そんな条件は、どのタイミングでも絶対にありえません!!

よほど運よく最高の物件があればラッキーですが、家同様に中々そうはいきません。

前項でも申し上げましたが、セブンイレブン本部は、その場所であなたと一緒に共同経営をするわけですから、完璧にアウトな物件は紹介しません。

本部側もセブンイレブンの出店を決めた時点で、もちろん勝負できる場所だと踏んで紹介します。

ただ、あなたの住む街のコンビニを見回してみても、素人目にも立地の違いで、客数の多い少ないはわかりますよね?

新規オーナーのあなたに、鉄板の駅地下や病院内、オフィス内などの超優良物件は紹介されません。

そういった店舗は、客数も最初から半端ないので、新人のオーナーさんにはとても回せません。

実績のあるオーナーさんの2号店、3号店として紹介されます。

「やっぱ噂通り良い店はできないんじゃん…」

いいえ、しっかりとトーニングを受けて、本部指導で研修をすれば、月に50万~80万程度の利益の出せる店舗は、十分回せるようになりますのでご安心ください。

仮に、駅地下や病院内、オフィス内などの超優良物件を紹介されても、恐らく新人オーナーさんでは忙しくて気が狂います(笑)

優良な場所の出店は全て実績のあるオーナーさんの複数店とういうわけではなく、本部のリクルート側としても、当然、セブンイレブン自体の強化を考えれば、新しいオーナーさんに加盟してもらうことも重要ですので、タイミングさえ合えば十分に良い立地で戦えるチャンスはあるというわけです。

ただ絶対に焦って決めてはいけません!

私のおすすめとしては、出来るだけフットワークの軽い状況で加盟し、じっくりと良い物件がでるのを待つということです。

例えば、既に仕事は辞めてしまって、収入が全く無い状況では、焦って紹介してもらった物件の中から、その中では一番良い条件の物件を選ぶことになりかねません…

もちろん、それが良い物件なら問題ないのですが…

本部側も良い物件を紹介してから、半年も1年も待ってはくれませんので、常にフットワークは軽い状態で、出来れば最低限でも収入はある状態で、納得のいく良い物件がでてくるのを、じっくりとお待ちください。

改めて申し上げますが、コンビニ経営の成功は、間違いなく立地です。

スポンサーリンク

“3.セブンイレブンを安く出店する方法

セブンイレブンには、出店を安くする方法が1つだけあります。

セブンイレブンの出店には以下の費用がかかります。

加盟金(成約預託金)260万円(消費税込み)

内訳

.研修費 55万円(消費税額等5万円を含む)

.開業準備手数料 55万円(消費税額等5万円を含む)

.開業時出資金 150万円(消費税込み)

このうちの研修費の55万円を20万(25万減)にする方法があります。

それは、他のセブンイレブンで2年間働き、発注業務などの必要なスキルを一通り身につけることが条件となります。

2年間の在籍が必要ですが、週に何回以上とか、何時間以上など、明確な決まりはありません。

おすすめとしては、もしセブンイレブンのオーナーを目指すことを、ある程度固めたなら、まずはダブルワークで、空き時間に通いやすいセブンイレブンでアルバイトをさせてもらうことをお勧めします。

休みの日や、仕事終わりにバイトをするのは正直きついとは思いますが、時給をもらいながら、仕事も覚えられるし、体験もできる。

さらには出店のタイミングが2年後以降となった場合は、25万円も安く出店することが可能となります。

また、通常5年間継続すると減額されるロイヤリティ(1%~3%)も、2年の経験を差し引いていただく事ができ、開業から3年後には、ロイヤリティの減額(1%~3%)も可能となります。

ちなみにですが、セブンイレブンのロイヤリティが1%安くなると、平均的な売り上げの店舗では、1ヶ月約6万円~8万程度利益が増える計算となります。

バイトの面接の際には、必ずその店のオーナーさんにもその趣旨は伝えておきましょう。

きっと喜んで迎えてくれるはずです。

何故なら、オーナーさんにとってもメチャメチャ利益があるからです。

独立を目指すほどの従業員なのですから、モチベーションは他と違うでしょうし、当然戦力になると考えるでしょう。

そして最大の恩恵は、仮に独立が2年後になれば、そのオーナーさんにもかなりの額の紹介料が本部から支払われるとの事です。

噂ではその金額は100万にもなるとか…

つまり既存店のオーナーさんにとっても、あなたのバイトは最高の従業員となるわけです。

ちなみに、他チェーンのローソンやファミリーマート、ミニストップなどでは、オーナー候補生の皆さんを、かなり手厚い金額で、まずは契約社員として数ヵ月間雇用し、さらにそこから独立の際には、加盟金の割引もある、魅力的なプランも存在しますが、それでも私はコンビニならセブンイレブンのオーナーをお勧めします。

最終的なゴールは、安定したオープン前後の数ヵ月ではなく、残りの人生をかけて、コンビニオーナーとしての成功を目指す訳なのですから…

常にセブンイレブンの陰に怯えながら他チェーンをやるか、他チェーンに怯えることなく、最強のセブンイレブンの看板で業務に集中して従事するか…

あなたならどちらを選びますか?

スポンサーリンク

4.コンビニエンスストアの未来とは…

大阪の松本オーナーとセブンイレブン本部の一連の騒動もあり、セブンイレブンオーナーの処遇はかなり改善されました。

さらにはコロナ禍も合い重なり、コンビニは以前のようなどこもかしこも出店のラッシュではなく、既存店の改装や、より立地の良い場所への移転など、既存店の収益アップに舵を切ってます。

しかも現在はコロナの影響で様々な業種が苦しんでる状況の中、空き物件もかなり増えてきてるのが実情のようです。

今後、新規で出店を目指すオーナーさんたちにとっては、かなりチャンスだと思います!

そして今後のコンビニ経営は、間違いなく楽になっていきます。

では、今後のコンビニエンスストアはどのように変化していくのでしょう?

スポンサーリンク

1.AI発注…

コンビニの発注業務は膨大です。

単純に店内にある商品は、全て毎日発注します。

特に、弁当やパン、惣菜、デザートなどのデイリー品は、曜日習性や天気、気温などによっても大きく変化し、1つ間違えれば大量の廃棄を出し、利益を削ります。

真剣に発注をやれば、少なくとも1日3、4時間はかかりますね…

今後導入されるAI発注は、蓄積した全てのデータを解析し、天気や気温なども考慮した、その店独自の最適な発注を自動でやってくれるシステム。

これによりオーナーは、独自の考えを、最後に見直すだけとなります。

いや、AIですから見直す必要など、いらないかもしれませんね(笑)

2.電子タグ(RFID)…

そう遠くない将来、電子タグ(RFID)が全ての商品に導入されるでしょう。

現在はまだ、コストの問題(1枚10円程度)を理由に、導入は見送られてますが、コストの問題はほぼ解消されてるとも聞いてます。

これが実現することでまず、従業員による手作業である検品は全て必要なくなります。
※従業員は、バーコードのない商品のみの検品となります。

納品時にベンダーが、商品を台車に乗せて店の自動ドアをくぐった瞬間に、全ての商品の検品を、電子タグ(RFID)が正確に終わらせる…

あとは従業員が商品を並べるだけです。

この電子タグ(RFID)の導入は、さらにコンビニオーナーにとっては夢のようなプランが待ってます。

例えば、アメリカの「Amazon Go」のような自動決済方法、これは全ての決済が不要となり、客は好きな商品を手に取り、そのままレジを通さずに持って帰るだけで決済が完了します。 

例えば、客がカゴに商品を入れて、自動レジの前にカゴを置くだけで、電子タグ(RFID)が自動で正確に会計を行い、あとは客自身が好きな決済方法で会計を済ませるだけ…

何れのケースでも、従業員の作業は一切不要となりますよね。

当然、会計を済ませてない商品を持って店を出ようとすればセンサーが反応します。

つまり万引きをしようとする人間もいなくなるでしょう(^^♪

どの方法が、日本では最適なのか、これを大手コンビニ本部は模索し、検討し、近い将来導入します。

「辛い」「儲からない」「休みが無い」と言われ続けたコンビニオーナーの業務も激減する日はもうまもなくです。

ひょっとすると、コンビニオーナーが人気の職業になるかもしれませんね。