コンビニって一体どんな人が働いてるの?コンビニバイト検討の方必見!採用の必勝法も!?

セブンイレブン
スポンサーリンク
"コンビニって一体どんな人が働いてるんだろー…"

コンビニでのパート・アルバイトを応募する際、自分が働く時間にはどんな人が働いてるのか、どんな人と一緒に働く可能性があるのか、とっても気になりますよねー…

コンビニで働くパート・アルバイトスタッフには、働く時間帯のよって、ある一定の習性があります。

つまり、働く時間帯によって、ほぼ同じような境遇のスタッフが固まってる可能性が高いのです。

本記事では、コンビニであなたが働こうと検討されてる時間帯には、どんな境遇のスタッフが多いのか、詳しく解説させていただきたいと思います。

コンビニでのパート・アルバイトを応募する際に、少しでも判断材料になれば幸いです。

コンビニって一体どんな人が働いてるの?コンビニバイト検討の方必見!採用の必勝法も!?

一般的なコンビニはご承知の通り、24時間365日営業で休みはありません。

殆どのコンビニではシフト制を採用しており、基本は常時2人のスタッフでお店を回します。

事業所立地、いわゆる近くに会社が多い立地のコンビニなどでは、お昼のピークタイム(12時~13時)などはシフトを厚くして3人体制や4人体制を組んで回することもありますが、一般的な店舗では2人で店を回すケースが殆どです。

まずは、シフト表のモデルケースから見ていきましょう。

スポンサーリンク

コンビニのシフト表と基本の勤務時間とは…

6~9時9~13時13~17時17~22時22~6時
斎藤山田田中山本川崎
伊藤高橋鈴木本田安藤

コンビニのシフト表は、基本このような区分けをするのが一般的だ。

では各時間、どんな方が働いてるのでしょうか?

早朝勤務の特長…

6時~9時のシフトは、日中の時間に比べて20円~30円程度時給が高いのが相場だが、それでもスタッフは中々集まらない。

旦那さんや子供さんのお見送りがある主婦の方がこの時間に働くことは難しく、当然学生さんにも働くのは無理な時間だ。

この時間に働くスタッフの傾向としては、完全に子育てを卒業された年配の主婦の方や、定時制に通う学生さん、あとは高校を何かしらの理由で辞めた子や、やはり何かしらの理由で元々高校に行ってない子などに需要がある時間帯だ。

ただ、圧倒的に需要が少なく、どこのコンビニでもシフトの中で最もスタッフが集めにくい時間帯となっている。

よって、特に集まりにくい、朝6時~9時のシフトを無くして、夜勤を8時まで引っ張り、午前中のシフトを8時~13時に変えてる店舗もよくある。

このシフトを採用するメリットは、6時から来るスタッフが、もしも何かしらの理由で来なかったら!!

このリスクを回避することが出来るため、多くのコンビニで、可能であれば採用してる。

オーナーやこの店を任される店長にしてみれば、朝6時過ぎに夜勤スタッフから電話でたたき起こされ、「6時からシフトの○○が来ません…」

この恐ろしい電話を回避することが出来るのは大きなメリットになってる。

だが、これには朝8時から出勤してくれるパートさんと、8時まで残ってくれる夜勤の協力が必要となる。

スポンサーリンク

午前中の特長…

午前中(9時~13時)勤務を希望されるパートさんの多くは、小さなお子さんがいる若いママさんが多い。

小さなお子さんがいるママさんは、旦那さんやお子さんの朝食を用意してから送りだし、お子さんが帰って来る時間には自宅に戻らなくてはならないため、9時~13時を希望されるケースが多い。

また、小さいなお子さんがいらっしゃるママさんは、旦那さんも若いことが多く、それなりの収入を必要とすることも多い。

具体的には、扶養の範囲内(扶養控除年間103万以内もしくは配偶者特別控除年間135万以内)での、目いっぱい勤務を希望(週3~5)することが多いのも、この時間帯の特徴である。

よって、週3~5回、しっかりと責任感を持って勤務される方が多く、どこのコンビニでも最も安定感の高いシフトとなる可能性が高い。

ただ最も需要が多い時間帯でもあり、採用はある程度激戦区になる時間帯ともなる。

お店側としては、お子さんに何か体調不良などがあった場合に、急激休まれてしまうことを懸念して、採用を見合わせるケースも多いので、出来ることなら勤務当初は特に、実家の父や祖母の協力が得られるなら、子供に体調不良があっても祖父や祖母の協力が得られる趣旨をアピールした方が採用となる可能性は高くなる。

「子供の具合が悪くなったときは休めますか?」

面接時に、このような質問をしてしまえば、当然面接を担当したオーナーや店長は、それが理由とは言わないだろうが、やんんわりと当たり障りにない理由で断られる可能性が高くなる…

面接では必ず聞かれると思うので押さえておこう。

スポンサーリンク

昼勤務の特長…

13時~17時のシフトは、高校生以上のお子さんがいるママさんか、既に子育ては終了して、やはり扶養の範囲内(扶養控除103万以内もしくは配偶者特別控除135万以内)での勤務を希望する主婦の方が多い。

あとは結婚したばかりで、子供のいない主婦の方にも需要があるが、お店側には正直あまり好まれない。

どうしても"妊娠=辞める"が頭をよぎってしまうからだ…

理由としては、店側としてはしっかりと教育して、やっと一人前になったと思ったら辞められてしまうのが、最も痛手だからだ…

この時間帯は、どこのコンビニでも中々人が集まらないため、9時~13時勤務希望の人と比べると割と採用されやすいので、本来は9時~13時希望だが、週1~2回程度なら13時~17時でも働けることをアピールできれば、午前中も含めて採用の可能性はかなり高くなるだろう。

ちなみに6時~13時のシフトもかなり重宝されるので、長い時間を働くことが希望の方は、募集要項になくてもエントリー時に積極的にアピールしよう。

もちろん稼ぐ必要がある場合は、9時~17時を採用してるコンビニもあるので、募集項目になかったとしても確認してみれば働けるケースもある。

ただ、店側はあくまでも何かあって仕事を休むことを一番懸念するので、ロングタイムの勤務時間を得るには、それなりの信用が必要である事は覚えておこう。

スポンサーリンク

夕方勤務の特長…

17時~22時の勤務は殆どのコンビニで学生のアルバイトを採用してるケースが多い。

逆に主婦の方でこの時間帯を希望すると、学生よりも採用される可能性がかなり高くなる。

一般的に主婦の方は、大人で責任感も強く、そう簡単には休まない、また休みが必要な場合なども、シフトに入ってない他のパートさんと協力してに、代わりに入ってもらうなど、責任感が強いイメージが強く、採用になる可能性はかなり高くなるだろう。

ただ、殆どの店舗では学生さんで占めることとなるケースが多いだろう。

この時間帯で採用を勝ち取りたいなら、出来れば土日のどちらかは出れるようにしておこう。

今の学生さんは、割と「日曜はゆっくりしたい…」なんて面接で簡単に口にするが、店側としてはかなりのマイナスポイントとなり、採用が見送られる可能性が高くなる。

それなら例えば「土日のどちらかは出れます」など、店側で一番欲しい人材になれることをアピールすることで、採用の可能性は高くなる。

あなたが休みたいシフトは、当たり前だが他の従業員も休みたいのだということを覚えておこう。

普通の高校に通う学生さんから、一流大学に通う学生さんまで、様々な学生さんが働く時間帯となるので、ここでの出会いは一生の友達になったり、恋人になったり、うまくいけば働くあなたにとって、とても良い出会いがあるかもしれない。

ただ、あまり仲良くなりすぎてお喋りばかりしていると、それを見たオーナーや店長に、シフトが一緒にならないように離されてしまうので、そこは気をつけなければいけない。

お喋りが絶対NGとは言わないが、仕事はしっかりとこなし、たまにお喋りをする程度にしておこう。

お客さんがいないからといって、カウンターに寄っかかってお喋り!

こんな姿を見られたら、確実にシフトは離されてしまうだろう…

私が一番驚いた出来事を1つお話しよう。

数年前、学習院大学に通う女の子がこの時間に働いてくれてたことがある。

彼女は授業の関係で17時からは来れなかったが、18時~22時の勤務で週3程度、とてもよく働いてくれた。

どのように仲良くなったのかはわからないが、彼女は夜勤のフリーターと交際をすることとになる。

スポンサーリンク

彼女は22時まで、彼は22時から…

勤務のすれ違いだけで、一緒に働いたことはない。

記憶には無いが、ひょっとすると、もう片方の夜勤が少し遅れて、数分程度一緒に働いたことはあるかもしれないが、それでもその程度だと思う。

彼は当時、たしか20代後半か30代前半だったと思うが、彼にしてみれば、かなりのサクセスストーリーだったであろう…

その後、彼女は卒業まで働いてくれ、そのまま就職、フリーターの彼も、その何年後かに退職した。

それから何年経ってからかは覚えてないが、彼らを知ってるスタッフに、2人は結婚したことを知らされた。

彼は、けしてイケメンではなかった…

高身長でもなけば、実家かがお金持ちでもない…

当時の給料も週4勤務で15~16万程度だったと思う。

6万のワンルームのアパートで1人暮らしをしてた。

もちろん2人は、とても幸せなのだと思うが、物凄いサクセスストーリーだと思うのは、私だけだろうか…

ひょっとすると、こんな出会いもあるかもしれない…

スポンサーリンク

深夜勤務の特長…

コンビニオーナーとしては、一番頭を悩ませるシフトで、逆に夜勤さえ安定すれば、コンビニオーナーの大変度の半分は解消!されたと言っても大げさではない。

私も22時に来るはずの従業員が来なかったことを何度か経験してるが、精神的にも肉体的のも恐ろしく疲弊する結果となる。

この時間で絶対的に採用される可能性が高いのは、男性のフリーターだ。

出来れば1店舗に2人は欲しい。

夜勤の時間帯は、オーナーや店長が不在になる可能性が高いので、1人は男性がいると防犯上も心強いのがその理由だ。

次に欲しい人材は、シングルマーザーや少し訳ありの女性たちになる。

コンビニで夜間に働く中高年の女性をよく見かけると思うが、彼女たちはコンビニの屋台骨を支えてる人材といっても過言ではない。

私の働く店では、3人の子供を抱えるシングルマーザーが週4、2人の子供を抱えるシングルマーザーが週3で、2人働いてくれてる。

彼女たちは、自分の生活はもちろん、愛する子供たちを養うため、死に物狂いで働いてくれてるため、簡単には休まない。

子供がまだ幼ければ、昼間は子育てが必要だし、夜は同じ時間働いても、賃金が1.25倍になり、さらに7時間15分~8時間と長い時間働けるため、週4回働ければ15.6万は稼げることとなり、週5なら20万以上のを給与を得られる。

しかも週3で働いてる彼女は、昼も働いてるため、シフトはそれを考慮して、火・木・土と連勤にいはならないようにシフトを組んである。

今は、週3と週4の男性フリーター2人と、彼女たちで夜勤を回してもらってるので、常に男女のペアでシフトが組めるようになり、かなり安定するようになった。

男性同士、女性同士でペアを組むと、仲良くなり過ぎで仕事がおろそかになるケースと、逆にメチャクチャ仲が悪くなるケースもあるので、フリーター男性とシングルマザーの組み合わせは、私の経験上最強のコンビニ夜勤ペアであると思う。

余談だが、以前、地方から上京してきた20歳前後の女の子が、収入面から夜勤を希望したので、入れたことがあるのだが、ペアにした男性フリーターが、どうやら食事に誘ったらしく、その後、その女の子は何も理由を言わずに辞めてしまった…

私としては、セクハラとかではなく、純粋に恋をしただけのようだったので、彼に注意をすることは出来なかった…

夜勤の時間帯は午前0時を超えれば殆ど客が来ることもなく、長時間2人きりの空間になるのである。

彼はとてもシャイだったが、教える立場でもあったため、いけると思ったのかもしれない…

そういったこともあるんだなー…

つくづく勉強になったっことを今もよく覚えてる。

やはり最強のシフトは、男性フリータとシングルマザーのペアだ。

ただ、うまいこと常にこの組み合わせになることは簡単ではなく、一番大変だったのは外国人の採用だった…

もちろん全ての外国人がそうでないかと思うが、うちのコンビニで働いた夜勤の外国人は全て最悪だった。

人手不足から最初に採用したのが、ウズベキスタン人で、日本語学校に通う確か20歳~25歳の男性だった。

彼は、遅刻もなく仕事は卒なく熟してたが、ものを持って帰る癖があった…

セブンイレブンでは年に2度~3度、700円以上のお買い物で景品が当たるセブンイレブンフェアが催されるが、その時は酷く、カードを大量に抽選ボックスから持ち帰っていた。

しかも防犯カメラである程度の犯行をチェック(正確には防犯カメラで完璧に犯行を見つけるのは難しい…)してるにも関わらず、やってないとしらを切るからたちが悪い…

一番驚いたのは、持って行ったカードと違うカードを平気で返してきて、常連さんに渡すつもりで預かっていたと平気な顔で言ってきたことだ。

言い忘れたが、彼は掛け持ちで他のセブンイレブンでも働いていた。

恐らく私に注意されたことから、慌てて別で働くお店からカードを持ってきてしまったのだろう…

同じ時期に採用した、別のウズベキスタンの男性もやはり20歳~25歳の男性だった。

彼はとにかく時間に来ない。

もちろん昼や夕方の従業員とは違い、彼は電車で30分ぐらいかけて通ってたが、毎回10分~30分前に電話で「少し遅れる…」と伝えてくる。

彼のシフトの日は、常に電話と睨めっことなり、これ以上ないストレスだった…

彼がシフトの日は帰ることもできない…

時期は被らないが、もう1人ウズベキスタンの男性のケースも話しておこう。

彼は一言、急にバックレる、電話しても繋がらない…

そして次のシフトは平気で来る…

さらには、あとでわかったのだが、女性従業員にあたりかまわず声をかけて食事に誘う…

もちろんすぐに辞めていただいたのは言うまでもない…

誤解のないように申し上げておくが、全ての外国人がそうだったわけではない。

昼間に働いてくれてた、やはりウズベキスタンの女性がいたが、彼女は愛想こそなかったが、遅刻も無く急激休むこともなくまじめによく働いてくれた。

今までウズベキスタン、バングラディッシュ、中国などの外国人を複数人採用してきたが、外国人は当たりハズレがはっきりしてる!

こんな印象が強い。

コンビニバイトで生計をたてるフリーター、シングルマーザー、外国人に大学生…

コンビの夜勤は、少し変わった人が多いかもしれないが、ポジティブに考えれば、大変よい経験にもなるだろう…

この記事のまとめ

コンビニのシフトは、午前中が一番安定感があり、次に昼勤務(13時~17時)が安定してる店舗が多い。

あとは、夜勤が安定してれば、品出しや陳列・プライスの管理や清掃など、お店全体のレベルが高くなる傾向にある。

よく整備されてる店舗は、夜勤が安定してる可能性が高い。

夕方は学生が多いため、安定性に欠けるケースが多いが、可愛らしい学生さんに会えるのはこの時間で、割とおじさんのファンを持つ娘も多い。

コンビニには様々な客が、分け隔てなく来店し、最新のサービスが最も早く取り入れられる空間だ。

様々なタイプのスタッフと一緒に働き、様々なタイプの客と接することは、色々な意味で、とても勉強になると思うので、個人的に一度はコンビニで働くことは、とても人生のプラスになると思います。

しかも日本国内なら、北海道~沖縄までコンビニがない場所はない。

コンビニで働き、ある程度のオペレーションさえマスターすれば、最悪どこに行っても、コンビニで働けば、その土地で最低限の生活を送ることができる。

コンビニの蔓延的な人手不足は、永遠と続くだろうし、保険の意味でも、コンビニの仕事を覚えることは、ある種のスキルにもなるであろう。

最後までお付き合いいただき、ありがとう御座いました。