コンビニのアルバイトで時給を上げてもらう方法はあるのか!?実践編3選を公開!!

コンビニの給料
スポンサーリンク

実はあなたの知らないところで…

他のスタッフの時給が上がってるかもしれませんよ…

募集要項には、昇給あり!なんて書かれてたけど、

1年経っても時給が上がる気配は全くありません…

だったら、思い切って行動にでてみては如何でしょうか?

本記事では、交渉したことで、実際に時給がUPした実例3選をご紹介!

コンビニで働くあなたの、時給UPを心より願っております。

コンビニのアルバイトで時給を上げてもらう方法はあるのか!?実践編3選を公開!!

まず大前提として、仕事をしっかりとやらなくては、絶対に時給は上がりません。

勤務の急なドタキャンや遅刻…

何回も同じとこのミス…

特にコンビニの仕事は、2人体制でお店を回す店舗が多いため、

1人が急な休みや遅刻をすると、

最悪は、1人で店を回さなくてはならなくなる可能性もあります。

本来であれば上がるはずのスタッフに残ってもらったり…

店長やオーナーを昼夜問わず、電話で呼び出すこととなり、

とてつもなく迷惑をかけることになります。

時給UPを目論むなら、まずはしっかりと仕事をすることを前提に、交渉しましょう。

スポンサーリンク

1選.発注や売り場作りを担当する…

コンビニスタッフの主な仕事は、レジ業務・納品された商品の検品と品出し・揚げ物や中華まん・おでんなどのカウンター商品の仕込み、店内の清掃など…

働く時間帯によって、定時業務に若干の違いはありますが、コンビニで働くなら、上記の仕事は最低限マスターしなければなりません。

そこで、ワンランク上の従業員になるためにも、覚えて欲しい業務が発注です。

発注は、週3程度勤務すると、店長やオーナーから直接頼まれるケースもありますが、そう難しい仕事ではありませんので、自らアピールして、発注を任してもらうことをお勧めします。

コンビニバイトの業務で発注とは?発注と売り場づくりを極めて時給をUPを狙え!!
セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、デイリーヤマザキ、ポプラ…名のつく大手コンビニエンスストアは、その殆どが、個人のオーナーによる独立した店舗だ。...

コンビニでは、毎週たくさんの新商品が発売されます。

新商品の中から、どれを選んで仕入れるかを決めるのも、発注担当者の仕事ですし、売り場を作るのも発注担当者の仕事となります。

発注は教えてもらえば、高校生のアルバイトでも十分対応できますのでご安心ください。

特に発注の仕組みは、コンビニの成功そのものであり、発注を覚えて初めて、コンビニ従業員マスターであり、仮に何かの都合で他のコンビニ店舗で働くこととなったとしても「発注ができる!」このスキルは、メチャクチャ強みになり、他のコンビニでも即採用となるでしょう。

コンビニ経験者でも、「発注ができる!」と「発注ができない…」とでは、スキルとして大きなアドバンテージになるのです。

ちなみに店長やオーナーに、

「私、発注をやってみたいです!」

と申告すれば、確実に喜ばれますし、もちろん店によっては公にはしてませんが、発注業務は+〇〇円の時給UPと決まってる店舗も結構あります。

発注の仕組みについては、今後別の記事でご紹介するとして、まずは積極的に発注担当を任せてもらえるように、店長やオーナーに進言しましょう。

スポンサーリンク

2選.レジ締めを任せてもらう…

コンビニは、1日1回必ずレジを閉め、1日の売上を確定させる業務があります。

原則、夕方ころまでにレジを閉め、その日の日付が変わるまでに、売上金は全て本部に送金します。

この業務は、365日毎日おこなうことが、本部から義務づけられてます。

つまり、この業務を任すことができる従業員がいなければ、オーナーは365日1日も休むことができません。

少なくとも各店1~2人には、この業務を任すことができる従業員を育てたいのが本音です。

この業務を任せてもらうには必要なことは信頼です。

信頼を得られなければ、絶対に任せてもらえない仕事です。

思い切って店長やオーナーに、

「私、コンビニでの仕事をマスターしたいので、レジ締めとかもやってみたいです!」

何てアピールしてみると、オーナーや店長が、あなたを信頼してるなら、かなり喜ばれるはずです。

レジ締めができれば、確実に時給は上がるでしょう。

スポンサーリンク

3選.思い切って時給UPをお願いする…

私の経験では、結果的に、実はこの方法が一番多いかもしれません。

最近あった実例です。

週3回、1日4時間働いてた従業員Aさんは、ある日の勤務終わりに…

従業員A「オーナー、実は切りのいところで、お仕事辞めさせていただけないかと…」

オーナー「な、なんで?」

従業員A「実は、旦那の給料が減って、もう少し稼がなくてはならなくなって…」

従業員A「駅前のスーパーだと、時間も長く働けそうだし、正直なところ時給も少し高いので…」

従業員A「ホントは…コンビニの仕事が好きなので続けたいのですが…」

こんな感じで、ホントは辞めたくないが、家庭の事情で、もっと稼ぎのよいところで働かなくてはならない…

対して、この時のオーナーの反応は…

「ぶっちゃげ、あとどのくらい稼げれば辞めなくてすむの?」

あなたが信頼できる従業員であれば、間違いなくオーナーは引き留めてくるでしょう…

結局この従業員Aさんは、スーパーと同じ時給に上げてもらい、さらにはシフトも増えて、希望に近い金額を稼ぐことができるようになったのです。

もちろん従業員Aさんは、作戦とかではなく、実際に稼ぐことが必要ででした…

結果として、今まで働いてたコンビニで、希望に近い金額を稼がせてもらえるだけの時給とシフトをGETすることができたのです。

理由は様々ですが、ホントは辞めたくないが、もう少し稼げれば…

こんなアピールをした従業員ほど、結果的に時給は上がってるように思います。

もちろん本音であり、駆け引きとかではないと思いますが、結果的には時給が上がってるケースが何例があったのは事実です。

これは、コンビニが抱える人手不足と、シフトの仕組みも関係してるように思います。

この記事のまとめ

コンビニの経営者は、仕事のできる従業員に辞めてもらうのは、とても大きなダメージなのです。

もちろん戦力的にも痛いのですが、コンビニは基本2人で店を回すため、1人辞めてしまうと、その穴を埋めるために新しい従業員を募集しなくてはなりません。

昨今、コンビニ業界の人手不足は大変深刻です。

仮に決まったとしても、辞めた人間の働いてた曜日と時間に、新しい従業員がピッタリと当てはまることは、ほぼ不可能です。

新しい従業員が入るまでのシフト変更の手間であったり、

当然、入れる人が他にいなければ、オーナーが自らシフトフォローしなくてはなりません…

店全体のシフトの見直し…

新しい従業員の教育…

あなたが信頼できる従業員なら、少々の時給UPで残ってもらえるなら、オーナーは残ってほしいのが本音なのです。

攻めすぎては危険ですが、まずは発注業務を任せてもらい、信頼が勝ち取れたたと思うなら、思い切って本音をぶつけてみるのは、決して悪い選択ではないと思います。

最後までお付き合いいただき、ありがとう御座いました。