コンビニバイトでよくあるミスとは?『ピーダッシュ!』その解決方法を徹底検証!!

コンビニの仕事でミス…
スポンサーリンク

コンビニの業務の中では、

わりとミスの多い業務の1つではないかと思います。

私の働く店ではこれを、

『ピーダッシュ!』と呼んでます。

このミスは、直接お店の利益を減らすようなミスではありませんが、あまり多いと本部の方から注意が入るチェーンもあります。

お店の信頼を失わないためにも、絶対に注意したい業務ですね。

コンビニバイトで、よくミスする人必見!ミスの多い仕事10選とその解決方法を検証!
コンビニバイトで怒られてばっかり…客商売、向いてないのかなー…やる気がないわけではない!!一生懸命やってるつもり、でもそれが伝わらない…そんな、コンビニバイト...

コンビニバイトでよくあるミスとは?『ピーダッシュ!』その解決方法を徹底検証!!

結論から申し上げますと、『ピーダッシュ!』とは、廃棄商品の下げ忘れのことです。

コンビニには、様々な時間に鮮度切れになる商品があります。

1日3回納品される、おにぎりや弁当は、同じ商品でも、鮮度の異なる商品が、同じ売り場に並びます。

鮮度切れになった商品を売り場から下げ忘れれば、客は当然それを選び、レジに持ってきます。

コンビニでは、鮮度切れになった商品は、レジではじかれます。

従業員が、鮮度切れになった商品を下げ忘れたとしても、それはレジではじかれ、購入できないシステムとなってるのです。

鮮度切れの商品を、レジでバーコードを通すと、

「ピーッ」

と音が鳴り、従業員側のレジパネルには、その趣旨(鮮度切れ)が表示されます。

これは店としては、きちんと管理ができていない、恥ずかしい行為の1つです。

「ピーッ」

と音が鳴れば、

従業員は売り場へ走り、

同じ商品で、鮮度が切れてない商品を探します。

これを私の店では、

『ピーダッシュ!』と呼んでます。

同じ商品で、鮮度が切れてない商品が売り場にあれば交換ですみますが、

もし同じ商品が売り場になければ…

お客様には、そのことを謝罪する必要があります。

例えば…

「お客様、大変申し訳ありません…選んでいただいたおにぎり○○味は、既に鮮度が切れてしまっておりまして、お売りすることができません…」

「また、同じ商品で鮮度の切れてない商品を探したのですが、すでに売り切れてしまっております…」

「こちらの商品、キャンセルでよろしかったでしょうか?また、もしご迷惑でなければ、他に何か代替になる商品を選んでいただければ…」

こんな感じの謝罪が必要となります。

殆どのお客様が、例えばおにぎりであれば、何か別の味を選んではいただけますが、お客様の貴重な時間を取らせてしまうこと、またもし店が混んでたなら、その一連の行為が終わるまで、レジで並ぶ会計を待つ客は、さらに待たされることとなります…

店としては絶対に避けたいミスの1つです。

このミスの解決策を検証しましょう…

スポンサーリンク

『ピーダッシュ!』の解決策を検証!

アルバイトで働く時間って、ほぼ同じシフト(時間)ではないですか?

例えばそれが17時~22時の勤務であれば、鮮度チェックの時間は、勤務時間内に何回あって、何時で、商品のカテゴリーはどの分類なのか?

例えば…

1回目が19時で、カテゴリーはおにぎりと弁当、常温パンのカテゴリー…

2回目が21時で、デザートのカテゴリーなど…

鮮度チェックの回数と、時間とカテゴリーを、しっかり頭に入れておく必要があります。

鮮度切れを迎える商品がある分類は、おにぎり・弁当のカテゴリーなのか…

それともパンやデザートのカテゴリーなのか…

それさえ頭に入れてしまえば、あとは鮮度切れになる時間に、そのカテゴリーのみをしっかりとチェックするだけです!

余裕があればダブルチェックが理想ですね。

ダブルチェックとは、1人ではなく、2人の目でチェックすること。

店は基本2人で回してるので、余裕があれば、2人の目で確認するのが理想ですね。

あなたがミスしたわけではなくても、一緒に働くパートナーが鮮度チェックをミスして下げ忘れれば、連帯責任で一緒に働くあなたのミスにもなってしまいますからね…

あとは、鮮度切れを迎える時間が19時だとしたら、18時45分、15分前には仕掛けたいところです。

急に混んでしまえば、レジを優先するため、下げ忘れがちです。

あまり早く下げてしまっても、売れるべき時間を少なくさせてしまうで、店側としてはマイナスです。

お店によって、鮮度切れの商品を下げる時間には決まりがあるかもしれませんので、自分から店長やオーナーに確認してみることがベストです。

「オーナー、廃棄商品って何分前に売り場から下げるのが理想ですか?」

こんな感じで質問してみてください!

チェーンによっては、下げるべき商品がリストアップされ、印刷されますので、漏れにくいですが、自分の目でも漏れがないか確認する事がベストです。

この記事のまとめ

都内のコンビニでは、無人レジも多くなってます。

5Gが普及すれば、何れはバーコードのスキャンも不要になるかもしれませんね。

そうなれば、鮮度切れの商品の下げ忘れは、よりお客様に迷惑をかけることとなってしまいます。

「済みません!この弁当買いたいんですけどピーって音がして会計ができません…」

無人レジなら、こんな結果を招いてしまいます!

やはり徹底した管理が必要な業務です。

私の記事が、少しでも参考になれば幸いです。

最後までお付き合いいただき、ありがとう御座いました。