コンビニオーナがバイトで絶対やってほしくない仕事のミスは『収納代行の受付ミス』

コンビニの仕事でミス…
スポンサーリンク

コンビニの数ある業務の中で、

店のオーナーが、

今もっともミスって欲しくない業務…

それは『収納代行の受付ミス』になります。

これだけは絶対にやってほしくありません!!

少し前までは、釣銭の返し間違い(多く返してしまう)で、現金の誤差による損失が一番でしたが、

現在は、自動釣銭機の普及で、レジ内の現金に誤差がでることは、ほぼなくなりました!

では『収納代行の受付ミス』とは、一体どんなミスなのでしょうか?

その内容と、解決策も合わせて徹底解説します。

コンビニバイトで、よくミスする人必見!ミスの多い仕事10選とその解決方法を検証!
コンビニバイトで怒られてばっかり…客商売、向いてないのかなー…やる気がないわけではない!!一生懸命やってるつもり、でもそれが伝わらない…そんな、コンビニバイト...

コンビニオーナがバイトで絶対やってほしくない仕事のミスは『収納代行の受付ミス』

レジ業務の中で、最も気をつけなければならないのが、公共料金の取り扱いです。

業務中のミスには、大きく分けると、お店の利益を削ってしまうミスと、利益は削らないが店のイメージを損なうミスとにわかれます。

収納のミスは、確実にお店の利益を削ってしまうミスとなります…

では、どんなミスが多いでしょうか?

月末にでもなると、1人のお客様が、5枚~10枚の収納を、一気に持ち込まれることがざらにあります。

まずは、収納代行を受け付ける際のオペレーションから確認してみます。

客がカウンターに収納用紙を置いたら、預かった枚数を丁寧に枚数を数えます。

枚数が確認できたら、預かった枚数をレジに登録。
※コンビニチェーンよっても、オペレーションは若干異なります。

レジに枚数を登録したら、やはり1枚、1枚丁寧にバーコードをスキャンしていきます。

1枚、1枚丁寧にスキャンした結果、最初に登録した枚数と、実際にお預かりした枚数が一致しない場合は、最初からやり直すこととなります。

収納はの中には、旅行代金の支払いであったり、学習塾の夏期講習の支払いなど、高額なケースでは10万~30万、50万預かることもあります。

セブンイレブンでは、お金の支払いは全て、客自身が現金を投入して決済します。

他チェーンでも、お金の支払い自体は従業員だとしても、自動レジで札の枚数は計算してくれますので安心です。

スポンサーリンク

オーナがもっとも恐れるミスとは…

では、オーナーが最も恐れるミスとは一体…

例えば、10枚の収納を、1回の会計でいっぺんに預かったとして、真ん中の4枚目と5枚目の収納用紙がくっついてたとしましょう。

数えたときは9枚、レジ登録も9枚、バーコードのスキャンも9枚…

実際にお支払いが済み、収納用紙に代金授受を示すハンコを押して、控えを客に帰す際、誤って10枚の収納にハンコを押して返してしまったら…

お店には、支払いの済んでないバーコードのついた収納用紙が1枚残り、客には支払い済みを示すハンコのついた控えが手元に渡り…

しかし当然のことながら実際に支払いは済んでおりませんので、そのままにしとけば、その未払いの業者から客に連絡がいきます…

これは、店側の過失となる可能性が高く、場合のよっては数万円の損失となります…

これが今もっとも、コンビニオーナーが恐れる、オペレーションのミスになります。

スポンサーリンク

収納受付の注意事項を確認①…

まず、これを防ぐためには重要なのは…

・預かった収納用紙の枚数の正確な確認

これが一番重要と言っても大袈裟ではありません。

枚数が多い時は、一度深呼吸して、丁寧に数えましょう。

指を少し湿らせて数えると、効果的です。

・バーコードをスキャンする際に改めて枚数の確認

最初に枚数をしっかり数えてれば問題ありませんが、ここでも丁寧に1枚1枚バーコードをスキャンしましょう。

・支払いが完了し、ハンコを押す際には、再度枚数を確認しながらハンコを押すこと。

登録した枚数と、ハンコを押す枚数は一緒でなければいけませんので、間違いがあれば、最後にここで気づくはずです。

客の中には悪い客もいて、これをあえて狙ってくる客もいますので、レジ業務では最大級に注意する業務だと認識してください。

また、収納の支払いにはクレジットカードや電子マネー、スマホ決済などは使えませんので、現金での支払いが済んだことを、しっかりと確認してからハンコを押すようにしてください。

ハンコを押してから、客に「え、カード使えないの?現金の持ち合わせが足りない…」なんて言われてしまいますと、押したハンコをボールペンでバツをするなど、原始的な方法で取り消す作業が必要となりますので、かなり面倒なこととなります。

現金での支払いをしっかりと確認してから収納用紙にハンコを押し、控えを渡すようにしましょう。

スポンサーリンク

収納受付の注意事項を確認②…

一旦レジで受け付けてしまった収納を、持ち合わせがない、などの理由でキャンセルする際、再度、バーコードのスキャンが必要となります。

そのまま用紙を返却せず、しっかりとレジで受付のキャンセルができたことを確認してから、返却するようにしてください。

「今、持ち合わせがないから持ってくるね…」

この場合も、収納用紙を持って帰られてしまうと、レジはそのまま保留状態となり、万が一客が帰ってこなければ、バーコードがないため受付を取り消せず、そのまま店長やオーナーに処理してもらうしかなくなります。

この場合も、必ず一度受付をキャンセルしてから、収納を戻し、再度の来店を待ちましょう。

収納受付の注意事項のまとめ…

改めて確認しましょう。

・収納の支払いには、クレジットカード・スマホ決済・電子マネーなどは一切使えません。
※系列チェーン発行の電子マネーは、一部の収納でお使いいただくことができます。

・収納の支払いで、領収書の発行はできません。

受け応えとしては…

「お客様、申し訳ありません…コンビニによる収納のお支払いは、電機やガス、電話会社等(各会社)のお支払いを代行して、代わりにコンビニがお預かりするサービスで、コンビニ自体が領収書を発行することはできません。」

「このお控えが、税務上、お支払いの証明書変わりにもなりますが、もし改めて領収書が必要の場合は、直接、お支払いいただいた収納会社にお問い合わせください。」

こんな感じで対応してください。

コンビニで領収書が発行できるのは、コンビニでご購入いただいた商品のみで、収納やインターネット決済の領収書は発行できません。

これも、よくあるトラブルですので、合わせてご確認ください。

スポンサーリンク

この記事のまとめ

コンビニが、収納代行を受け付けて、手に出来る手数料は僅か約50円~200円程度…

しかし1枚の損失は数千円~数万円にもなります。

コンビニ成功の1つに、何かのサービスの利用で、コンビニを利用してもらい「ついで買い」を促すのが手法となります。

収納の支払いにで来店してもらい、ついでに夕食を購入してもらう…

チケットの発券に来店してもらい、ついでにドリンクを購入してもらう…

宅急便の受取で来店してもらい、ビールやおつまみを購入してもらうなど…

収納代行は、扱う件数も多いので理には適ってますが、ミスるととんでもない損失となります。

コンビンチェーンによっては、あきらかなオペレーション上のミスが確認できれば、保険対応で3,000円~4,000円の損失で済む場合もありますが、一番気を付けて欲しい業務であることに間違いありません。

私の記事が、少しでも参考になれば幸いです。

最後までお付き合いいただき、ありがとう御座いました。