『商品入れ忘れによるミス…』コンビニバイトで倒的に入れ忘れが多い商品とは?

コンビニの仕事でミス…
スポンサーリンク

入れ忘れの多い商品第1位!

圧倒的に、揚げ物などのカウンター商品です。

ミスは誰にでもありますが…

意外とミスする人って、いつも一緒だったりして…

今、ドキっとしたあなたっ!!

私の考案した、このミスを少なくする方法を実践してみてください。

コンビニバイトで、よくミスする人必見!ミスの多い仕事10選とその解決方法を検証!
コンビニバイトで怒られてばっかり…客商売、向いてないのかなー…やる気がないわけではない!!一生懸命やってるつもり、でもそれが伝わらない…そんな、コンビニバイト...

『商品入れ忘れによるミス…』コンビニバイトで倒的に入れ忘れが多い商品とは?

何故、入れ忘れは起こるのだろうか…

入れ忘れが多いのは、圧倒的に揚げ物などのカウンター商品です。

よく入れ忘れが発生するケースを紹介します。

一般的に、カウンター商品を頼もうと考えてるお客様は、レジの順番を待ってる間に商品を見定め、まず先にオーダーしてきます。

そして順番が来たら、買い物かご、もしくは手に持った商品をカウンターの上に置くと同時に…

「コロッケとメンチ2個ずつ下さい!」

この時従業員は、

レジのタッチパネルにコロッケ×2、メンチ×2と入力する。

ここまでのオペレーションは、ほとんどの従業員が一緒だと思います。

続けて、お持ち込みいただいた商品のバーコードを1点、1点スキャンする…

んっ!

危ないです!!

ここまでで既に、揚げ物を入れ忘れる可能性がありますので、気を付けてください!!

スポンサーリンク

カウンター商品は先を用意しよう!

私共のこのやり方は、マニュアルにはありません。

あくまでも、私の働くコンビニ独自のオペレーションです。

結論から申し上げますと…

私の店では、揚げ物や焼き鳥のなどカウンター商品を頼まれた場合、レジのタッチパネル入力後、すぐに用意することを徹底してます。

お客様から入れ忘れのクレームがあった際、我々はまず、レジ上に設置してある防犯カメラ映像で、その事実確認をします。

すると、入れ忘れの多い従業員のほとんどが、タッチパネル入力後、買い物かごの商品を先にスキャンしてから、カウンター商品を用意することがわかりました。

逆に、ご注文後すぐにカウンター商品を用意する従業員は、ほとんど入れ忘れない事もわかりました。

このことから、私共の店では、カウンター商品の注文は、注文と同時に用意することを徹底した結果、入れ忘れの件数が圧倒的に少なくなったのです。

これは、商品スキャンの途中に、急にカウンター商品を頼まれた場合でも一緒です。

注文と同時にタッチパネル入力後、すぐにカウンター商品は用意する!

カウンター商品を用意してから、続きのカゴの商品をスキャンする。

入れ忘れが多い従業員さんには、是非ためしてみてください。

スポンサーリンク

コロッケが、さっきはあったのに…

タイトル通り、

このやり方は、ご注文いただいたカウンター商品ががなくなることも防げます。

これも実際にあった例なのですが、

コロッケを3個ご注文いただきました。

従業員の高木さん(仮名)は、レジのタッチパネルにコロッケ3個を入力後、買い物かごの弁当やパン、ソフトドリンクを先にスキャンし…

お弁当の温めも頼まれたので、温め時間を確認してレンジにセット…

合計金額をお客様に伝えて、自動レジでの会計をお願いし、

最後にコロッケを用意しようとすると…

1個しか無くなってる…

頼まれたときは3個ありましたが、他の商品のスキャンや弁当の温めなど、他の作業に集中してる隙に…

隣のレジで2個売れてしまったのです…

弁当のレンジアップなどに集中してたのか、隣での注文に気が付くこともできなかったのです…

隣の従業員も気がつかなかったようです…

しかしこの時既に、お客様は電子マネーで清算を済ませてました…

幸いにも近所のお客様だったので、新しく3個コロッケを揚げて、ご自宅までお持ちしました。

フライヤーの油の温度が既に下がってる場合、一旦温度を上げる必要があるため、最後の油切りも含めると、合計で約20分前後はお待ちいただくこととなってしまうため、直接店長である私が、自宅まで配達をすることになったのです。

ご注文後、すぐにカウンター商品を用意すれば、このケースも防げることになりますよね。

意識して確認していただければ、こちらのミスは防げるはずです。

スポンサーリンク

意外と多いタバコなどの入れ忘れ…

タバコもカウンターに保管してる商品のためなのか、意外と入れ忘れが多い商品です。

特にですが、買い上げ点数の多い場合などは、今一度カウンター周りをよく確認して、レジ袋の脇などに入れ忘れがないか注意してください。

この記事のまとめ

入れ忘れを防ぐには、ご注文商品をすぐに用意することで、ほとんど改善されます。

ホットコーヒーを頼まれたら、タッチパネルを入力して先にカップをお渡しする。

中華まんを頼まれた場合も、タッチパネルを入力して先に用意してしまう。

後回しにすることで、入れ忘れが発生する可能性が高くなりますので、ご注文をいただいたら、すぐに用意することを心掛けてみてください。

私の記事が、少しでも参考になれば幸いです。

最後までお付き合いいただき、ありがとう御座いました。