「コンビニバイト辞めたいな…でも理由を伝えにくい…」すんなり辞める方法教えます!

コンビニ辞める理由…
スポンサーリンク

コンビニバイトを辞める理由で悩んでませんか?

辞めたい理由も様々ですよね。

人間関係が辛くて辞めたい…

客の質が悪すぎで辞めたい…

客商売に自分は向いてないと思った…

オーナーや店長がキツイ…

仕事ができなすぎて辛い…

コンビニの現役店長である私は、現在まで、少なく見積もっても数十人の退社報告を受けてきました。

今回は、従業員の退職理由を、いくつかの実例をもとに紹介します。

コンビニバイトを辞める理由で悩んでるあなたの、少しでもお役に立てれば幸いです。

「コンビニバイト辞めたいな…でも理由を伝えにくい…」すんなり辞める方法教えます!

まず、法律上の観点から紹介します。

2週間前までに伝えれば辞められる

社員やアルバイトなど、労働者は、退職を希望すれば辞められることが法律で定められています。 雇用契約期間に定めのないアルバイトであれば、退職意思を伝えた2週間後には辞められることになっており、会社や店舗は、これに従う必要があります。

このように、法律上は2週間前に伝えれば辞めることは可能となります。

ただ、ほとんどのコンビニでは、1ヵ月単位でのシフトは組まれてます。

私の店でも、辞める場合には、1ヶ月程度の猶予を持ってほしいとお願いしてます。

これは、コンビニに関わらず、多くのパート・アルバイトスタッフを抱える業種は一緒だと思います。

あくまでもお願いベースにはなりますが、可能なら退職には1ヶ月の猶予はお願いしたいところです…

スポンサーリンク

1ヶ月の猶予が必要な理由…

コンビニは基本2人でシフトを組んで、店を回すことが多いため、1人辞めてしまえば、単純に代わりを探さなければなりません。

平均的な売り上げのコンビニでは、同じ時間を3人体制にすることは経営上難しいです…

辞めることがわかった時点で、新しい従業員を募集することとなります。

募集にかかる時間…、幸い早急に決まったとしても、トレーニングして1人前になるためには、それ相応の時間がかかります。

つまり、その間今いる従業員で、抜けたシフトの穴埋めをすることになるのです。

すぐに辞めさせてあげたい気持ちはあっても、約1ヶ月の猶予をお願いするのは、そんな理由からです。

コンビニバイトを辞める理由5選…

それでは本題に移ります。

私は現在まで、約数十人の『退職報告』を受けてきました。

今回は、その中でも多かった退職理由5選をまとめてみました。

1選.学校の成績が落ちてしまい、親にバイトを辞めるように言われてしまった…

学生ベースにはなりますが、この理由は最も多く、そして引き留めようもありませんよね。

学生さんなら、最も無難な退職理由になるのではないでしょうか?

でも、コンビニバイトは引き留められがちです…

今回、きっぱり辞めたいと考えるなら、もう1つ応えを準備しときましょう。

スポンサーリンク

コンビニ主体者は、在籍者なら、可能な限り残ってほしいと思うのが本音です。

よって…

「しばらく休んで、成績が上がったらまたおいでよ!」(実際に言ったことがあります!)

「週1、いや2週1でも難しい?」(実際に言ったことがあります!)

このように、引き留められる可能性もあります。

在籍だけでも残してれば、他のバイトもしにくいでしょうし、人手不足の時、ピンチヒッターなど頼まれかねません。

ここは、きっちり辞めたいなら、

「お気持ちはうれしいですが、集中して勉強したいので、やはり一旦退社扱いとさせてください!勉強が落ち着いたら、またご連絡させていただきます…」

こんな感じの応えも用意しといた方がよさそうですね。

もごもごしてると在籍を残されかねませんからね!

コンビニバイト、引き留められがちですので、しっかり準備しときましょう。

2選.〇〇の理由で引越すことになりそう…

本当に引っ越したのかどうかは定かではありませんが、これも割と多い退職理由です。

両親やご主人の仕事の都合、あとマイホーム購入なんかもありましたね。

これも、きっちり辞めたいなら、もう1つ応えを用意しときましょう。

「交通費出すから、週1~2でも入れない?」(実際に言ったことがあります!)

こんなお願いをされる可能性があります。

「申し訳ありません…お気持ちは嬉しいですが、電車で通うのはちょっと辛いです…」

こんな理由で断られました。

きっちり辞めたいなら、ここも応えは用意しときましょう。

「申し訳ありません…お気持ちは嬉しいですが、電車で通うのはちょっと辛いです…」

スポンサーリンク

3選.他にやりたい仕事が見つかったので辞めたい…

本音を言わせていただくと、少し寂しい気持ちにはなりますが、仕方ないですね…

学生さんだとスタバなど、お洒落そうな職場で働きたいと考えるケースや、パートさんだと、今よりも時給が高い職場への転職希望などがありますね。

コンビニはフランチャイズ経営で、たくさんは儲かりませんので、時給が高い方に取られてしまうのは、ある程度仕方がないことだと考えてます。

もし、時給を上げてでも残ってほしいと考えれば、その時は交渉することになるでしょう…

あとは、こんな風に止められがちです…

(そっちは…)「客数も多いから大変だよ…」

「人数も多いから、希望日数は入れないかもよ…」

「人数多いから、人間関係むずかしいと思うよ…」

こんなとこでしょうか?

「承知の上で、挑戦してみたいと考えてます!」

はい、これ以上は引き留められませんよね…

スポンサーリンク

4選.人間関係が辛くて辞めたいです…

実はこの理由で辞めたいと考える方は多く、私たち管理者の悩みでもあります…

特に女性に多い傾向があり、シフトの組み合わせは一番苦労するところです。

理由が人間関係だけで、改善されれば問題ないのであれば、退職を考える前に、一度相談してほしいのが本音です。

コンビニには、10年とかキャリアのある、かなりのくせ者で仕事が出来るおばちゃんが存在します。

60~70歳で、お歳暮やクリスマスケーキ、うなぎ弁当(土用の丑の日)などの予約が取れる顧客を持ち、店内で売り込みをやっても、常連客とは、ほぼ友達なので、かなりの売り上げを持ってます。

ただ、この手のおばちゃん、かなり癖が強めです。

本人に悪気はないのですが、人によっては相性が全く合わない場合があります。

ただ、人間的に多少の問題ある事はわかってますので、相性が悪ければ、シフトが被らないように調整してみたり、働きやすい環境(時間)に変えてあげることは、可能な限り調整します。

仕事が嫌でなく、人間関係だけなら、一度相談してほしいのが本音です。

それでも、管理者側が改善できなければ、そのときは、きっちり辞めましょう…

スポンサーリンク

5選.ミスが多くて申し訳ない…

「ミスばかりしてしまい…、もうこれ以上迷惑をかけるわけには…」

この理由で、退職を希望されるパートさんも何人もいましたね…

今は自動レジなので、釣銭を間違えることはなくなりましたが、1回の会計で5,000円のマイナスをだしてしまったり、タバコ1カートンを1個の値段で差し上げてしまったり…

わりと大きめのミスをしたとき、つまり落ち込んだ時に、言われがちです。

本音を言わせていただければ、ミスをして申し訳なく思っていただけるなら、辞めるのではなく、今後はミスをしないように、気を引き締めて頑張っていただきたいです。

ミスをしたから辞めでは、本音を言わせていただけるなら最悪です!

本当に申し訳ない気持ちがあるなら、きちんと反省していただき、気を引き締めて頑張ってほしいです…

スポンサーリンク

この記事のまとめ

コンビニバイトでは、短期はあまりと求めません。

よほど人手に困ってない限りは、少ない時間でも長期的に働いてもらいたいのが本音です。

また、退職理由は人それぞれですが、出来る限り1ヶ月の猶予持って退職の意思を伝えましょう。

店長もしくはオーナーに、直接会って伝えるのがベストですが、夜勤や朝の勤務で、顔を合わる可能性が少ないなら、電話で退職したい旨を伝えても問題ありません。

「お忙しいところ申し訳ありません。バイトの〇〇です。実は今後、学校の方が忙しくなってしまい、今まで通りシフトに入るのが難しくなりそうなので、できれば、今のシフトいっぱいで辞めさていただきたいと考えてます。」

もしかすると、その後時間を作って話を聞いてくれるかもしれませんし、そのまま…

「わかった…じゃあ今のシフトまではお願いね…」

「出来れば、あと1ヶ月はお願いできるかな…」

こんな対応になると思います。

辞める…は言いにくいかもしれません。

そのままバックレるバイトもいます。

辞めるということは、理由はどうであれ、とても言いにくいことではありますが、しっかりと自分の意思を伝えることができなければ、今後も同じことの繰り返しとなります。

大人になれば自然と身につくようなスキルではありません。

きちんと自分の意思を伝えて、しっかりと引継ぎをしてから、次のステップへ進みましょう。

私の記事が、少しでも参考になれば幸いです。

最後までお付き合いいただき、ありがとう御座いました。