コンビニバイト辞めたいな…でも言いにくい…すんなり辞める方法教えます!

コンビニ辞める理由…
スポンサーリンク

コンビニバイトを辞める理由で悩んでますね?

辞めたい理由も人それぞれですよね…

人間関係が辛くて辞めたい…

客の質が悪すぎて辛い…

客商売に向いてないのではないか…

オーナーや店長がキツイ(-_-;)

仕事ができなすぎて辛い…

現在も現役でコンビの店長の私は、今まで何人もの退職報告を受けてきました。

出来ることなら、アルバイトはお互い円満に退職することが望ましいですよね。

今回は、店長の立場として納得できた退職理由を、いくつかの実例をもとに紹介します。

コンビニを辞める理由で悩んでるあなたに、少しでもヒントになれば幸いです。

コンビニバイト辞めたいな…でも言いにくい…すんなり辞める方法教えます!

まず、法律上の観点から紹介します。

2週間前までに伝えれば辞められる

社員やアルバイトなど、労働者は、退職を希望すれば辞められることが法律で定められています。 雇用契約期間に定めのないアルバイトであれば、退職意思を伝えた2週間後には辞められることになっており、会社や店舗は、これに従う必要があります。

このように法律上は、2週間前に伝えることで、アルバイトを辞めることは可能です。

ただ、ほとんどのコンビニは、1ヵ月単位でシフトが既に組まれてます。

つまり、1ヶ月先まではシフトが決まってます。

私が店長を勤めるコンビニでも、バイトを辞める際には、出来ることなら1ヶ月程度の猶予が欲しいと常日頃お願いしてます。

これは、コンビニに関わらず、多くのパート・アルバイトを抱える業種ならどこも一緒だと思います。

あくまでも、お願いにはなってしまいますが、可能であれば退職する日まで、1ヶ月程度の猶予はお願いしたいのが本音です…

スポンサーリンク

1ヶ月の猶予が必要な理由…

平均的な客数のコンビニは、基本2人体制でシフトを組んで店を回してもらうため、1人辞めてしまえば、代わりのスタッフを探さなければなりません。

3人体制にすることは、経営上難しく…

辞めることがわかった時点で、新しい従業員を募集することになります。

流石に1人では店を回すことは出来ません。

これはコンビニ経営の難しさでもあります。

募集にかかる時間は?

こればかりは、募集してみないと分かりません…

タイミングが合えば、すぐ来ることもありますし、いつまで待っても全く来ない事もあります。

幸い早急に決まったとしても、トレーニングして1人前になるには、それ相応の時間がかかります。

その間は、今いるスタッフ達で、抜けたシフトの穴埋めをすることになります。

シフトを組むオーナーや店長が、一番頭を悩ませる業務の1つではないでしょうか?

辞めさせてあげたい気持ちはあっても、1ヶ月程度の猶予をお願いするのはそんな理由からです。

コンビニバイトを辞める理由5選…

私は今までに、店長として何人もの『退職報告』を受けてきました。

今回は、その中でも特に多かった退職理由5選をまとめてみました。

縁あって働いた職場ですから、今後も客として来店できる、そんな辞め方が望ましいですよね…

1選.学校の成績が下がってしまい、親にバイトを辞めるよう言われてしまった…

学生ベースにはなりますが、この理由はもっとも多く、そして引き留めにくい理由にもなりますね…

あなたがもし学生なら、最も無難な退職理由になるのではないでしょうか?

でも、コンビニバイトは引き留められがちです…

今回、きっちり辞めたいと考えるなら、もう1つ答えを準備しときましょう。

スポンサーリンク

コンビニ主体者は、優秀なバイトなら、可能な限り残ってほしいと思うのが本音です。

こんな風に引き留められる可能性があります。

「しばらく休んで、成績が戻ったら(上がったら)また戻っておいでよ!」(実際に言った経験があります!)

「取りあえず週1回、いや2週間に1回でも厳しいかな?」(これも、実際に言った経験があります!)

在籍だけでも残してもらえば、他のバイトはしにくいでしょうし、何とか残って欲しい、戻ってきて欲しいと思うのが本音です。

しかし、中途半端にならないように、もし今回きっちり辞めたいなら…

「お気持ちはうれしいですが、集中して勉強したいので、一旦退職扱いとさせてください!勉強が落ち着いたら、私の方から、連絡させていただきます…」

こんな感じの答えも、一応用意しといた方がよさそうですね。

もごもごしてると、在籍を残されかねませんからね!

コンビニバイト、引き留められガチですので、しっかり準備しときましょう。

2選.〇〇の理由で引越すことになりそう…

本当に引っ越したかどうかは、調べようもありませんが、これも割と多い退職理由の1つです。

両親やご主人の仕事の都合、あとマイホーム購入なんかもありましたね。

やはり、きっちり辞めたいなら、もう1つ答えを準備しときましょう。

「交通費出すから、週1~2回だけでも入れないかな?」(実際に言った経験があります!)

こんな風に、引き留められる可能性があります。

「申し訳ありません…お気持ちは嬉しいですが、電車で通うのは、ちょっと厳しいです…」

こんな理由で断られました。

きっちり辞めたいなら、ここも答えは用意しときましょう。

「申し訳ありません…お気持ちは嬉しいですが、電車で通うのは、ちょっと厳しいです…」

スポンサーリンク

3選.他にやりたい仕事が見つかった…

少し寂しい気持ちにはなりますが、これも割と多い理由ですね…

学生さんだと、スタバやタリーズなど、お洒落そうな職場で働きたいと考えるケースや、パートさんだと、今よりも時給が高い職場への転職希望などがありますね。

コンビニは、個人経営が多いため、大手の時給が高い職場に、スタッフを取られてしまうことは、ある程度仕方がないことだと考えてます。

もし、時給を上げてでも、残ってほしい人材であれば、その時は交渉することになるでしょう…

あとは、こんな風に止められがちです…

(そっちは…)「客数も多いから大変だと思うよ…」

「人数も多いから、希望日数入れないかもよ…」

「人数多いから、人間関係が難しいと思うよ…」

こんなところでしょうか?

「承知の上で、挑戦してみたいと考えてます!」

はい、これ以上は引き留められませんね…

スポンサーリンク

4選.人間関係が辛くて辞めたいです…

この理由で辞めたいと考える方も、実は非常に多く、私たち管理者が頭を悩ませる問題でもあります…

特に女性同士に多い傾向があり、シフトの組み合わせには苦労するところです。

理由が人間関係だけで、改善されれば問題ないのであれば、退職を決意する前に、一度は相談してほしいですね。

コンビニには、10年以上のキャリアを持つ、仕事は出来るが、かなりのくせ者で、重鎮のような存在のおばちゃんが存在しガチです。

60~70歳で、お中元お歳暮、クリスマスケーキ、うなぎ弁当※など、予約が取れる顧客を持ち、店内で売り込みでもやれば、常連客とはほぼ友人なので、かなりの売り上げを持ってます。
※土用の丑の日

ただ、この手のおばちゃん、かなり癖が強い傾向があります…

本人に悪気はないのですが、人によっては、全く相性が合わないことがあります。

ただ、こちらも癖が強い事はわかってますので、相性が悪ければ、他のペアと変えてみたり、シフトが被らないよう調整してみたり、働きやすい環境(時間)に変えてあげることは可能な限り調整します。

仕事が嫌でなく、人間関係だけなら、一度は相談してほしいのが本音です。

それでも管理者側が改善してくれなければ、そのときはきっちり退職してしまいましょう…

スポンサーリンク

5選.ミスが多くて申し訳ない…

「ミスが多く…これ以上迷惑をかけるわけには…」

大きなミスをした直後に、退職を希望するスタッフもいます。

現在は、自動釣銭機の普及で、レジ違算がでることは少なくなりましたが、以前は5千円のマイナスをだしてしまったり、タバコ1カートンを1個の値段で売ってしまったり…

わりと大きめのミスをしたとき、つまり落ち込んだ時に言われガチです。

ミスをして申し訳なく思うなら、辞めるのではなく、今後はミスをしないように、気を引き締めて頑張っていただきたいです。

ミスをしたから辞めるのでは、本音を言わせていただけるなら最悪です!

本当に申し訳ない気持ちがあるなら、きちんと反省して、気を引き締めて、お店のために頑張っていただきたいです。

スポンサーリンク

この記事のまとめ

退職理由には人それぞれ、様々な理由、また急な都合もあると思いますが、やはり1ヶ月程度の猶予はお願いしたいです。

たまにいますが…

『バックレ』だけは、絶対に止めましょう!

『辞める…』とは、とても言いにくいとは思いますが、自分の意思を伝えることができなければ、今後もきっと同じことの繰り返しになると思います。

これは、大人になれば自然と身につくようなスキルではありません。

しかも、働いた分の給料が、もしも振り込まれなければどうしますか?

きちんと自分の意思を伝えて、しっかりと引継ぎしてから、次のステップへ進みましょう。

せっかく縁あって働いた職場です。

ルール通りに、きちんと退職して、今後は客としても顔が出せるような、そんな辞め方がお互い望ましいですよね。

私の記事が、少しでも参考になれば幸いです。

今回も、最後までお付き合いいただき、ありがとう御座いました。